ゲーム

【ウイイレ2020】ピーチェ ブール(テン・ハーグ)の戦術&フォーメーション│アヤックス指揮官

今回はAFCアヤックスの指揮官のピーチェ ブール(テン・ハーグ)についての記事です。

ウイイレアプリ2020でのピーチェ ブール(テン・ハーグ)の戦術やフォーメーションなどをまとめていますので、興味がある方はチェックしてみてください。

それではまずピーチェ ブール(テン・ハーグ)のプロフィールから紹介していきます。

テン・ハーグのプロフィール

名前:エリック・テン・ハーグ

生年月日:1970年2月2日

国籍:オランダ

チーム:AFCアヤックス

監督歴↓

FCトゥウェンテ(オランダ U-17)2002年7月~2003年6月
FCトゥウェンテ(オランダ U-19)2003年7月~2006年6月
ゴー・アヘッド・イーグルス(オランダ2部)2012年7月~2013年6月
FCバイエルン・ミュンヘンII(ドイツ4部)2013年7月~2015年6月
FCユトレヒト(オランダ1部)2015年7月~2017年12月
AFCアヤックス(オランダ1部)2017年12月~

ウイイレアプリ2020では「ピーチェ ブール」という偽名で登録されていますが、実名は「エリック・テン・ハーグ」なので、以下ではテン・ハーグのプロフィールを紹介します。

テン・ハーグは現役時代、FCトゥウェンテやFCユトレヒトなど主にオランダ1部リーグのクラブでプレーしていた選手です。

現役引退後のテン・ハーグは指導者の道を志し、2002年からFCトゥウェンテのアンダーチームの指揮官を務めます。

その後、FCトゥウェンテやPSVアイントフォーヘンでアシスタントマネージャーを務め、2012年7月にゴー・アヘッド・イーグルスという当時オランダ2部リーグ属していたクラブの指揮官に就任します。

ゴー・アヘッド・イーグルスでのテン・ハーグは就任1年目でオランダ2部リーグ6位になり、オランダ1部昇格を決めました。

FCバイエルン・ミュンヘンのリザーブチームや古巣FCユトレヒトの指揮官を務め、地道に実績を積み重ねます。

そして2017年12月にはオランダの強豪、AFCアヤックスの監督に就任。

アヤックスの指揮官に就任したテン・ハーグは2018-19シーズンに国内リーグ、国内カップの2冠を果たし、UEFAチャンピオンズリーグでも準決勝まで勝ち進むなどここまで素晴らしい成績を残しています。


【ウイイレアプリ2020】ピーチェ ブール監督のステータス

名前ピーチェ ブール
国籍オランダ
所属クラブアヤックス
オフェンシブ4-2-1-3
ディフェンシブ4-2-1-3
適応力83
マネジメント能力830

【ウイイレアプリ2020】ピーチェ ブール監督のオフェンシブ戦術

オフェンシブ戦術:4-2-1-3
攻撃タイプカウンター
ビルドアップショートパス
攻撃エリア中央
ポジショニングフォーメーション重視
守備タイプフォアチェック
追い込みエリアサイド
プレッシングアグレッシブ

【ウイイレアプリ2020】ピーチェ ブール監督のディフェンシブ戦術

ディフェンシブ戦術:4-2-1-3
攻撃タイプカウンター
ビルドアップショートパス
攻撃エリア中央
ポジショニングフォーメーション重視
守備タイプフォアチェック
追い込みエリアサイド
プレッシングセーフティ




【ウイイレアプリ2020】ピーチェ ブール監督のスカッド参考例&評価

Twitterの規約上、公開されたツイートの内容はブログに掲載しても
著作権の侵害にはあたりませんが、中にはツイートを掲載して良く思わない方もいると思われます。

今回紹介したTwitterユーザーの中でこの記事内のツイートを削除してほしいという場合は、当ブログ管理人のTwitterアカウントまでお知らせください。



まとめ

今回はウイイレアプリ2020のピーチェ ブール(テン・ハーグ)監督について紹介しましたがいかがでしたか。

テン・ハーグ監督は現役時代、オランダ1部や2部リーグで活躍した選手で、現役引退後は指導者の道を歩み始めました。

初めはアンダー世代のチームやアシスタントマネージャーを務め実績を積み上げ、やがてオランダ1部の監督を務めるようになりました。

ウイイレアプリ2020のピーチェ ブール監督は数多くのユーザーが使う人気監督です。

ウイイレアプリ2020の監督選びで困っている方は今回紹介したピーチェ ブール監督を使ってみてはいかがでしょうか。