ゲーム

【ウイイレ2020】エバートン コロナドの戦術&フォーメーション│メキシコ代表監督

今回はメキシコ代表の監督、エバートン コロナド(ヘラルド・マルティーノ)についての記事です。

ウイイレアプリ2020のエバートン コロナドの戦術やフォーメーションなどをまとめていますので、興味がある方はチェックしてみてください。

それではまずエバートン コロナド(ヘラルド・マルティーノ)のプロフィールから紹介していきます。

ヘラルド・マルティーノのプロフィール

名前:ヘラルド・マルティーノ

生年月日:1962年11月20日

国籍:アルゼンチン

チーム:メキシコ代表

監督歴↓

ブロウン・デ・アレシフェス(アルゼンチン)1998年1月~1998年12月
CAプラテンセ(アルゼンチン)1999年1月~1999年12月
インスティトゥートACコルドバ(アルゼンチン)2000年1月~2000年12月
クラブ・リベルタ(パラグアイ1部)2002年1月~2003年1月
セロ・ポルテーニョ(パラグアイ1部)2003年7月~2004年12月
CAコロン(アルゼンチン1部)2005年1月~2005年6月
クラブ・リベルタ(パラグアイ1部)2005年7月~2006年6月
パラグアイ代表2006年7月~2011年7月
ニューウェルズ・オールドボーイズ(アルゼンチン1部)2012年1月~2013年7月
FCバルセロナ(スペイン1部)2013年7月~2014年6月
アルゼンチン代表2014年8月~2016年7月
アトランタ・ユナイテッドFC(アメリカ1部)2017年1月~2018年12月
メキシコ代表2019年1月~

ウイイレアプリ2020ではエバートン コロナドという偽名で表記されていますが、本名はヘラルド・マルティーノです。
プロフィール紹介では本名(ヘラルド・マルティーノ)の方で紹介していきます。

ヘラルド・マルティーノはユース時代、地元のロサリオに本拠地を置くニューウェルズ・オールドボーイズの下部組織に在籍していました。

それからヘラルド・マルティーノはニューウェールズ・オールドボーイズでプロデビューを果たし、ニューウェールズには10年間在籍しています。

その後はテネリフェ(スペイン)やラヌース(アルゼンチン)、オヒギンスSADP(チリ)やバルセロナSC(エクアドル)など国内外のクラブでプレーしました。

現役引退後は指導者の道を歩み始め、1998年1月にブロウン・デ・アレシフェスというアルゼンチンのクラブの指揮官に就任します。

その後は南米のクラブを転々としながら、名門FCバルセロナや強豪国アルゼンチン代表の指揮官を経験。

現在のヘラルド・マルティーノはメキシコ代表の監督を務めています。


【ウイイレアプリ2020】エバートン コロナド監督のステータス

名前エバートン コロナド
国籍アルゼンチン
所属メキシコ代表
オフェンシブ4-3-2-1
ディフェンシブ4-3-2-1
適応力81
マネジメント能力810

【ウイイレアプリ2020】エバートン コロナド監督のオフェンシブ戦術

オフェンシブ戦術:4-3-2-1
攻撃タイプカウンター
ビルドアップショートパス
攻撃エリアサイド
ポジショニングフォーメーション重視
守備タイプフォアチェック
追い込みエリアサイド
プレッシングアグレッシブ

【ウイイレアプリ2020】エバートン コロナド監督のディフェンシブ戦術

ディフェンシブ戦術:4-3-2-1
攻撃タイプカウンター
ビルドアップショートパス
攻撃エリアサイド
ポジショニングフォーメーション重視
守備タイプフォアチェック
追い込みエリアサイド
プレッシングアグレッシブ




【ウイイレアプリ2020】エバートン コロナド監督のスカッド参考例や評価

Twitterの規約上、公開されたツイートの内容はブログに掲載しても
著作権の侵害にはあたりませんが、中にはツイートを掲載して良く思わない方もいると思われます。

今回紹介したTwitterユーザーの中でこの記事内のツイートを削除してほしいという場合は、当ブログ管理人のTwitterアカウントまでお知らせください。



まとめ

今回はウイイレアプリ2020のエバートン コロナド監督を紹介しましたがいかがでした。

エバートン コロナド監督は現役時代、主にニューウェールズ・オールドボーイズで活躍した選手です。

現役引退後はアルゼンチンやパラグアイのクラブで実績を積み上げ、FCバルセロナやアルゼンチン代表、そして現在はメキシコ代表の監督を務める存在になりました。

ウイイレアプリ2020でのエバートン コロナド監督はレート1000越えの有力プレイヤーも利用する人気監督です。

ウイイレアプリ2020の監督選びで迷っている方は今回紹介したエバートン コロナド監督を使ってみてはいかがでしょうか。