ゲーム

【FIFA19】ニューカッスル監督キャリア#3~前半戦の結果&冬の移籍市場&代表監督~

今回はニューカッスル監督キャリアの前回#2の続きから行っていきます。#3では「前半戦の結果」「冬の移籍市場」に加え、「代表監督就任」の話まで舞い込んできましたので3本立てで紹介していきます。
前回の#2ではかなり張り切って文量が多くなってしまったので、今回は簡単にまとめたいと思います。ですのでみなさんも画像中心に楽しんでもらえばと思います。

前半戦の結果

ここでは12月末までの結果を紹介しようと思ったのですが、スクリーンショットをし忘れてしまったため1月終盤までの結果を紹介してします。それでは前半戦のプレミアリーグ順位がこちら。↓

ここまではなんとか7位につけている状況です。これに関して言い訳をさせてください。私自身、難易度をレジェンドでプレーするのが今回のキャリアで初めてですので、レジェンドでのプレーに未だ慣れていないという状況です。
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=gpk1pJcQPRBj9bvpgFODmHcDr90sJOAP.png name=”やす”]今まではワールドクラスで甘んじていました。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=cat1519228205066.jpg name=”猫”]言い訳は聞きたくない。[/speech_bubble]
というわけで今シーズンの結果は大目に見てやってください。ですがもちろんCLの出場権は目指すつもりです。
次回は1年目の結果を公開していきますのでお楽しみに。

冬季マーケット

続いては18/19シーズンのニューカッスルユナイテッド冬の移籍市場を紹介していきます。一般的に冬季マーケットはどのチームも夏よりか落ち着いた補強を敢行します。しかしニューカッスルはそんなのお構えなしです。補強放出を活発に行いました。その補強内容はこちらです。↓



チーム状況的にウイングの補強が急務でしたので補強第一号はチェルシーのペドロになります。
加えて注目してほしいのがジョンジョシェルビーの退団です。ジョンジョシェルビーは中盤の要でしたのでどうしても残したかったのですが、シェルビー自身、「新たなステージにステップアップしたい」ということでしたので仕方がない決断となりました。その後釜として以前から関心があったリバプールのワイナルドュムを2300万ユーロで獲得しました。ファイター系MFとして活躍を期待したいところです。
そしてもう一つの注目ポイントはチェルシーのMFセスク・ファブレガス獲得です。フリートランスファーでの獲得なので移籍金0円で来夏に加入してます。今シーズンまではチェルシーでプレーしますので来季、ニューカッスルでの活躍を期待したいところです。
そして最後に注目したい補強ポイントはノルウェー期待の若手ベルゲの獲得です。移籍期限ギリギリでの獲得になりました。この選手の特長としてはとにかくフィジカル・守備といったところの強さです。現在はワンアンカーにフェルナンジーニョを起用し続けていますが、けがをした場合のことを考えるとヘイデンという若手しかいません。ヘイデンにも伸びしろはありますが、まだ不安定なところがありますので、フェルナンジーニョの後釜候補にベルゲという選手を獲得しました。

代表監督

シーズン前の予想よりもニューカッスルを躍進させているといった功績により監督Yasuも各国から代表監督のオファーが届くようになりました。色々とオファーが舞い込んできたのですが、今回は自身のステップアップを考えた上で以下のような決断を下しました。↓

就任したのはイングランドの代表監督です。これからニューカッスルで長期政権を築き上げたいと考えている私にとって教え子と共にワールドカップを制覇したいと考えた上で下した決断です。この決断には疑問を投げかけるメディアが数多く目に見える結果が求められます。また業界初の学生監督ということでニューカッスルの監督に就任する際にも批判があっただけに学業とクラブ監督と代表監督の3つを並立できるのか、という疑問が世界中で話題になりました。

ちなみにイングランドの新キャプテンはジョンジョシェルビーに任せるとのこと。

まとめ

今回は前半戦の結果、冬の移籍市場、イングランド代表監督就任の3本立てとなりました。
前半戦は7位とヨーロッパリーグの出場権にも届いていない順位でしたので残りの試合全て勝つつもりでシーズンをこなしていきたいと思います。そのために冬の移籍市場で大胆な補強を敢行したわけですから。
またイングランド代表監督では、まずは各メンバーに自分のやり方を落とし込むところからやっていきたいと思います。
そして次回は「1年目の結果発表」「夏の移籍市場」の2本立てでいきます。次回もお楽しみに。

↓こちらの記事で取り扱っているゲームソフト↓