ゲーム

【FIFA20】監督キャリアモードを10年やり続けた結果

当ブログではちょうど1年前くらいに「FIFA19監督キャリアモードを10年やり続けた結果」という記事をアップしました。

FIFA19監督キャリアモードを10年やり続けた結果当サイトの管理人、やすは去年(2018年)から本格的にサッカーにはまり始め、PS4のFIFA18を購入してそれからDAZNにも加入して、...

趣味の延長でテキトーに書いたつもりでしたが、この記事が意外と人気で「【FIFA19】監督キャリアモードを10年やり続けた結果」をきっかけに当ブログの運営を本格的に始めたわけです

それから1年が経ち、現在当ブログではFIFA20に関する記事を書きまくり、休日はFIFA20レアル・サラゴサ監督キャリアモードを楽しんでいます。

【FIFA20】新しい監督キャリアを始めます!レアル・サラゴサから世界的な名監督へ #1今回から新シリーズ『【FIFA20】レアル・サラゴサから世界的な名監督へ』をアップしていきます。 ちなみにFIFA20発売前にはF...

今回はそのレアル・サラゴサ監督キャリアモードの10シーズン目が終了したということで、1年前と同じくメンバー紹介と移籍予算の紹介、さらにはFIFA20のキャリアモードについて思ったことを書き連ねていきたいと思います

興味がある方はチェックしてみてください。

10年間1試合もスキップせずFIFA20監督キャリアモードをやり続けた結果

ここからはFIFA20のレアル・サラゴサ監督キャリアを10年目のメンバーを紹介していくわけですが、その前に前作(FIFA19)の監督キャリアモードにおける10シーズン目のメンバーを振り返っておきます。

前作でプレーしていたアスレティック・ビルバオ監督キャリアモードで10シーズン目のメンバーは以下の通りです。

ファーストチーム↓

FIFA 19 キャリアモード メニューの操作

セカンドチーム↓

FIFA 19 キャリアモード メニューの操作

控えメンバー↓

FIFA 19 キャリアモード メニューの操作

これがFIFA19の監督キャリアモードを1試合もシミュレートせず10年続けたリアルな結果です。

FIFA19までは強い選手を集めて自分だけの最強チームを作るのが楽しくて楽しくて仕方がないという感じでしたが、強くなるたびライバルが消えていき物足りなさを感じるようになりました

そこでアスレティック・ビルバオ監督キャリアモードをきっかけに、その後の監督キャリアモードでは縛りルールをつけてプレーするようになったわけです

そんな中、レアル・サラゴサ監督キャリアモードでは以下のような縛りルールを作りました。

レアル・サラゴサ監督キャリアの縛りルール

・獲得して良いのはスペイン人選手のみ

・本当に獲得したい!という選手以外獲得しない

・ベテラン選手は売れる時期になるべく高値で売却する

今思い出せる範囲では上記の3つの縛りルールが思いつきました。

まず、1つ目にスペイン人選手しか獲得してはいけないという縛りルールを作りました。
この縛りプレーは現実世界でも実際に行っているチームがいて、それがアスレティック・ビルバオです。

アスレティック・ビルバオは前作のFIFA19で僕が監督キャリアモードをプレーしていたチームですが、僕がプレーしていたときはそういった縛りプレーをしているクラブだと知らず、監督就任1シーズン目から100年も続く伝統を終わらせてしまいました
あくまでもゲーム上での話ですが、このことを重く受け止めた僕はFIFA20のレアル・サラゴサ監督キャリアでアスレティック・ビルバオの伝統を勝手に受け継ぎました。

2つ目は獲得したい選手以外には手を出さないというルールです。
これは10年間一貫して守っているルールで、実際に1人も補強せずに1シーズンを終えたこともあります

【FIFA20】トッテナムに倣い補強ゼロでCL2連覇を目指す-レアル・サラゴサ監督キャリア#9今回は「レアル・サラゴサ監督キャリア#8」の続きです。 https://yasu-blog.com/fifa20-real-zar...

これによりチームのメンバーも非常に少なく、メンバーのやりくりは大変ですが、逆にメンバーを考えている時間が楽しいので結果的にプラスになっています

3つ目はベテラン選手は売れる時期になるべく高値で売却することです。
ベテラン選手というよりも30代前半の選手はレーティングが徐々に下がる時期ですので本当にいてほしい選手以外は30台前半で売却します



以上、3つの縛りルールを踏まえてプレーした監督キャリアモード11シーズン目のメンバーは以下の通りです(1試合もスキップしてません)。

FIFA 20 キャリアモード メニューの操作
FIFA 20 キャリアモード メニューの操作
【2029-30シーズン】レアル・サラゴサのメンバー詳細

GK:Miguel Benitez(21)OVR93 ← サラゴサユース出身

CB:Ivan Fauria(25)OVR94 ← サラゴサユース出身

CB:Borja Ojeda Saranova(23)OVR85

LB:Alfonso Cano(25)OVR84 ← サラゴサユース出身(他クラブへのレンタル経験有り)

RB:Pedro Porro(29)OVR93

CDM:Fran Beltran(30)OVR91

CDM:Diego Castillo(20)OVR81 ← サラゴサユース出身

CAM:Dani Olmo(31)OVR88

LAM:Victor Moron Garcia(27)OVR94

RAM:Carles Alena(31)OVR89

ST:Javier Puado(31)OVR91

サブ一覧↓
GK:Matias Fernandez(22)OVR83 ← サラゴサユース出身(他クラブへのレンタル経験有り)

CB:Gomez Martin(24)OVR83

LB:Mariano Garcia(23)OVR82 ← サラゴサユース出身(他クラブへのレンタル経験有り)

CDM:Aitor Benito Sasiain(22)OVR86

CM:Roberto Hernandez(17)OVR75 ← サラゴサユース出身

RM:Agustin Benitez(20)OVR86 ← サラゴサユース出身

ST:Jose Manuel(24)OVR87 ← サラゴサユース出身(他クラブへのレンタル経験有り)

リザーブ一覧↓
RM:Guridi Aldalur(24)OVR83

RM:Ernesto Carazo(16)OVR62 ← サラゴサユース出身

CF:Alfonso Aguirre(18)OVR71 ← サラゴサユース出身

FIFA19 アスレティック・ビルバオ監督キャリアモードと比べるとメンバーが少なく、選手の能力も多少劣って見えると思います。
縛りルールを導入して監督キャリアモードをプレーすると強いチームを作るのが難しいです。

ただ、個人的に限られた戦力で1シーズンを戦い抜くということが非常に楽しく、FIFA19のアスレティック・ビルバオ監督キャリアモードよりも充実しています。

例えば誰かが怪我をしてしまい代わりにポジション適性のある選手がいない場合はステータスを見てある選手をコンバートさせたりするのが楽しいです

とにかくメンバーを考えることが楽しくて自分のチームを見て考えながら日々幸福感に浸っています。


移籍予算は10億ユーロ越え

前作の「【FIFA19】監督キャリアモードを10年やり続けた結果」という記事でも移籍予算について触れていましたので、今回もレアル・サラゴサ監督キャリアモード10シーズン目までの移籍予算を紹介しておきます。

それがこちらです↓

FIFA 20 キャリアモード メニューの操作

ここではレアル・サラゴサ監督キャリアモード10シーズン目の移籍予算を紹介したいところですが、スクリーンショットし忘れていたため上記の画像は11シーズン目の移籍予算となります

実は10シーズン目の冬の移籍市場が終了した時点で13億ユーロ以上の移籍予算があったのですが、11シーズン目になって3億ユーロほどむしり取られました。

10億ユーロという移籍金についてはレアル・サラゴサの初期移籍予算が約300万ユーロなので初期と比べれるとめちゃくちゃ貯まったことがお分かりいただけると思います。

FIFA 20 キャリアモード メニューの操作

これほどまで移籍予算が貯まった理由は先ほどのFIFA20レアル・サラゴサ監督キャリアモードの縛りルール紹介した通り、ベテラン選手は売れる時期になるべく高値で売却するということを徹底して行っているからです

また、本当に獲得したい選手以外獲得してはいけないというルールもあるため、ほぼ毎シーズン黒字になります。

これだけお金が貯まると監督キャリアモードのまた別の楽しみ方が思い浮かぶわけです。例えばこんな感じ↓

実際にやるかは分かりませんが、反響が大きければやってみようと思います。

それとクラブ価値もめちゃくちゃ上昇しまして、初期のクラブ価値がどれくらいだったかは忘れましたが、数字が大きいだけに相当上がったと思います。

FIFA 20 キャリアモード メニューの操作



FIFA20 監督キャリアモードはやればやるほどハマる

共感してくださる方は少ないと思いますが、FIFA20の監督キャリアモードは年数を追うごとに楽しさが増していきます

選手の補強や放出、ユースの育成、メンバー選考、リーグ戦にカップ戦など楽しい要素がたくさんあって、シーズンを追うごとにチームへの愛着が深まります。

10シーズンもプレーすれば固有フェイスの選手が少なくなり、全員モブ顔で楽しくなくなるという方もいますが、僕はそうは思いません。

確かに固有フェイスの選手がいればよりリアルな監督キャリアモードが楽しめると思いますが、FIFA20に収録される選手は現状モブ顔の選手の方が多いわけですから、どちらにせよ変わらないと思います。

固有フェイスよりも1つのチームの運営を最大限に楽しむことが監督キャリアモードの醍醐味だと僕は思います。

そんな感じで今回はFIFA20の監督キャリアモードについて僕の思うことをいろいろまとめましたが、いかがでしたでしょうか。
今後も当ブログではFIFA20の監督キャリアモードはもちろん、その他にもFIFA20に関する様々な情報を配信していきますので興味がある方はチェックしてみてください。

YouTubeにこの記事を解説した動画をアップしました。興味がある方はこちらもチェックしてみてください。↓

【FIFA20 キャリアモード】ユース選手をOVR90以上に育てる方法当ブログではサッカーゲーム「FIFA」のキャリアモードをテーマにした記事を多く配信しています。 中でも以下の関連記事は当ブログイチ...
【FIFA20 キャリアモード】18歳以下のおすすめ若手有望株をポジション別で紹介する【2020年最新版】以前当ブログでは「【FIFA20 キャリアモード】最新の激安若手有望株を紹介!ポジション別若手選手まとめ【最新情報】」という記事をアップ...
【FIFA20 キャリアモード】Jリーグの将来有望な若手選手は誰⁉ポテンシャルTOP10を紹介するJリーグも2019シーズンが終わり、記事執筆時点ではオフシーズンとなります。 2019シーズンは横浜F・マリノスがJリーグを制覇し...
【FIFA20 キャリアモード】日本の金持ちクラブはどこ?Jリーグ移籍予算ランキングTOP10前回、FIFA20キャリアモードのアジアクラブ金持ちランキングを紹介しました。 https://yasu-blog.com/%e3...
【ウイイレアプリ2021】myClubコインを無料で増やす方法4選
【無料視聴可能】おすすめVODまとめ【ゲーム休憩中のお供】