ゲーム

【FIFA19】新シリーズ・ベガルタ仙台監督キャリア#1

今回はFIFA19新シリーズ「ベガルタ仙台監督キャリアモード」をお届けしていきます。思い付きですので、3シーズン目の中盤から(20/21シーズン)の戦況をお届けするかたちとなりますがお許しください。
それでは早速メンバーの確認から行っていきましょう。

20/21シーズン中盤のメンバー

20/21シーズンのメンバーはこのようになっています。↓

スタメン↓

サブ↓

リザーブ1↓

リザーブ2↓

メンバーはこのような感じになっています。現実のJリーグのルールに忠実に従っていますので、外国人枠については5つまでとしています。リザーブにめちゃくちゃ強い選手がいるのはそのためです。

まあ突っ込みどころ満載のメンバーになっていると思いますが、そんなことはさておき、個人的注目選手をピックアップしていきます。

個人的注目プレイヤー

GK/Il Song Ryu(16)

ベガルタ仙台ユースの韓国人ゴールキーパーです。一流の可能性を秘めている選手で将来的には欧州ビッククラブでも活躍できるポテンシャルを持つ選手となっています。今シーズンはイングランド2部(現実では1部)のバーンリーからポープというイングランド代表GKをフリーで獲得し、オリンピアコスからもジョゼ・サというポルトガル代表GKをフリーで獲得したため未だ出番が少ないですが、来期以降は主力として活躍できると思いますのでトレーニングを頑張ってほしいところです。

CB/Ivan Orbets(28)


今シーズン、シャフタール・ドネツクからフリーで加入した長身センターバックのオルデツ選手。今季はプレシーズンマッチも合わせると合計10試合のクリーンシートに貢献。この選手の強さは何といっても高さです。相手から来るロングボールの対応はJリーグでは一級品、負ける相手がいません。セットプレーでも高い起点となるため、非常に重宝しています。

RB/Akira Nagatsuka(18)

Jリーグ屈指の若手サイドバックです。欧州もかなり注目している選手の1人で、イングランドのビック6・アーセナルからもオファーがありました。個人的に今出してもベジェリンのターンオーバー要因となるため長塚のためを考えて残留させるかたちをとりました。(適当)
欧州ビッククラブも熱視線を送る若手サイドバックにこの先も目が離せません。

CDM/Sandro Tonali(20)

昨シーズン、イタリア2部のブレシアから獲得したトナーリ選手。イタリア国内では将来を嘱望されている選手でNEXTピルロとも呼ばれています。毎シーズンJ1中位に位置していたベガルタ仙台には無縁の選手と思っていたのですが、クラブ側も本人も移籍を受託。移籍金(いくらか忘れたごめんなさい)を支払っての完全移籍ということで3年契約を交わしました。今シーズンは、4-3-3のフォーメーションの1アンカーとして数字には表れない部分で活躍しています。

CAM/Mitsuharu Kazuyoshi(19)

この選手はベガルタ仙台のユース史上最高傑作と呼び声の高い選手です。欧州からの関心も非常に高く、昨シーズンはハダースフィールドタウンから3000万ユーロ近い価格のオファーが来ましたが、かずよし選手と話し合った結果、「ベガルタ仙台でまだやり残したことがある」と残留を決意。男気溢れるプレイヤーで来シーズンのキャプテンも任せようと思っています。
余談ですがかずよし自身、マンC・チェルシーが好きなようでそういったチームからファーが来れば考えると話してくれました。

LM/Tatsuya Ito(23)

知っている方も多いと思います。この選手は現実世界ではハンブルガーSVでプレーする伊藤選手です。今シーズン、移籍金(いくらか忘れた)を支払って獲得した若手のウィンガーです。正直左のウィングの位置が穴だったのでこの補強は的確だったと思います。現在、リーグ戦15試合に出場し、12アシストとかなり好調ですのでこの調子を維持してほしいところです。

ST/Osamu Hokama(20)

今年20歳、Japanの新星フォワード。身長は165cmと低めではあるものの、足元に優れた選手でゴールとアシスト両方を量産しています。今シーズン、アメリカのロサンゼルス・ギャラクシーから1500万ユーロのオファーが届きましたが、「かずよしが残るなら俺も残る!」と残留を決意。

20/21シーズン折り返しの順位表

最後に20/21シーズンの折り返し地点に入った順位表を見せて終わることにします。それがこちら↓

引き分けが3試合ありますがそれ以外は全て勝っています。ちなみに難易度はレジェンドです。さすがにこのメンバーで1位じゃなかったら叩かれます。笑
昨シーズン優勝したのでACLがあると思ったら、ないんですね。ACLは川崎フロンターレ、鹿島アントラーズ、セレッソ大阪、柏レイソルが固定なんですね。そこら辺はリアルじゃないのでFIFA20に期待したいところです。

まとめ

今回は新シリーズのベガルタ仙台監督キャリアをアップしました。
正直Jリーグは需要があるのかどうか、分からないところですのでこのキャリアに関しては不定期更新ということでやっていきます。それではまた、気が向いたいつか。

↓こちらの記事で取り扱っているゲームソフト↓