クラブ解説

インテルのメンバー&注目ポイントを徹底解説【2019-20シーズン注目クラブ~セリエA編~】

今回は2019-20シーズンのセリエA注目クラブの紹介ということで、インテルの夏の補強&放出とメンバー、注目ポイントなどを紹介していきます。

興味がある方は是非チェックしてみてください。

インテルのプロフィール

クラブ名:FCインテルナツィオナーレ・ミラノ

創設年:1908年

オーナー:蘇寧電器グループ(中国の家電小売販売会社)

監督:アントニオ・コンテ

所属リーグ:セリエA

ホームスタジアム:スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ

リーグ戦成績(2018-19):4位

1908年に創設された歴史あるクラブです。もともとは「ミラン・クリケット・アンド・フットボール・クラブ」というクラブがあり、そこで外国人選手の獲得に関する問題が内部で発生し、「ACミラン」と「インテル」に分かれたのだそう
そのためACミランとインテルは古くからライバル関係にあり、この2チームが戦うミラノ・ダービーでは盛り上がりを見せます。

2018年10月に就任した会長のスティーブン・チャンは蘇寧電器グループ代表取締役会長の息子となっています。現在27歳(2019年9月時点)と若く、インテルの立て直しに期待がかかります。

スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァはミラノ市が所有するフットボール専用スタジアムで、インテルの他にACミランのホームスタジアムでもあります。


2019年夏の移籍市場

IN
名前ポジション年齢前所属クラブ移籍金
ロメル・ルカクFW(CF)26マンチェスター・ユナイテッド(イングランド1部)6500万ユーロ
ヴァレンティーノ・ラザロMF(RMF)23へルタ・ベルリン(ドイツ1部)2200万ユーロ
マッテオ・ポリターノFW(RWG)25サッスオーロ(イタリア1部)2000万ユーロ
ニコロ・バレッラMF(CM)22カリアリ(イタリア1部)レンタル料→1200万ユーロ(+2500万ユーロで完全移籍)
ステファーノ・センシMF(CM)24サッスオーロ(イタリア1部)レンタル料→500万ユーロ
ルシアン・アグメMF(CM)17FCソショー(フランス2部)450万ユーロ
ディエゴ・ゴディンDF(CB)33アトレティコ・マドリード(スペイン1部)フリートランスファー
アレクシス・サンチェスFW(LWG)30マンチェスター・ユナイテッド(イングランド1部)レンタル
クリスティアーノ・ビラーギMF(LMF)26フィオレンティーナ(イタリア1部)レンタル

OUT
名前ポジション年齢移籍先移籍金
ジーニョ・ファンフースデンDF(CB)19スタンダール・リエージュ(ベルギー1部)1260万ユーロ
アンドレイ・ラドゥGK22ジェノア(イタリア1部)800万ユーロ
ゲオルゲ・プシュカシュFW(CF)23レディング(イングランド2部)800万ユーロ
マウロ・イカルディFW(CF)26パリ・サンジェルマン(フランス1部)レンタル料→500万ユーロ
イヴァン・ペリシッチFW(LWG)30バイエルン(ドイツ1部)レンタル料→500万ユーロ
アンドレア・ピナモンティFW(CF)19パルマ(イタリア1部)500万ユーロ
マルコ・サラDF(LSB)20サッスオーロ(イタリア1部)500万ユーロ
ニコラス・リゾDF(CB)19ジェノア(イタリア1部)250万ユーロ
クリスティアン・アンサルディDF(LSB)32トリノ(イタリア1部)250万ユーロ
レイ・マナイFW(CF)22アルバセテ・バロンピエ(スペイン2部)200万ユーロ
アンドリュー・グラヴィロンDF(CB)21サッスオーロ(イタリア1部)レンタル料→100万ユーロ
ミランダDF(CB)34江蘇蘇寧(中国1部)フリートランスファー
ジョアン・マリオMF(CM)26ロコモティブ・モスクワ(ロシア1部)レンタル
ヤン・カラモウFW(RWG)21パルマ(イタリア1部)レンタル
ファクンド・コリディオFW(CF)19シント=トロイデン(ベルギー1部)レンタル
シアン・エマーズMF(CM)19ワースラント=ベフェレン(ベルギー1部)レンタル
ダウベルトDF(LSB)25フィオレンティーナ(イタリア1部)レンタル
ラジャ・ナインゴランMF(CM)31カリアリ(イタリア1部)レンタル
アンドレア・ピナモンティFW(CF)20ジェノア(イタリア1部)レンタル
エディ・サルチェードFW(CF)17ジェノア(イタリア1部)レンタル


インテルは2019年夏の移籍市場で多くの選手の入れ替えがありました。上にまとめてある移籍情報以外にもレンタルバックした選手や2部リーグ、3部リーグに移籍した選手などもおり、全て紹介するときりがないため一部の移籍をまとめておきました。その点ご了承ください。

今夏はロメル・ルカクやディエゴ・ゴディンといったビックネームを獲得。その他にもヴァレンティーノ・ラザロやニコロ・バレッラ、ルシアン・アグメといったこれからが楽しみな選手も獲得しており、補強に多くの資金を費やしています
ルカクに関しては今シーズン就任したアントニオ・コンテ監督の希望していた選手で、今夏獲得した選手で一番の目玉です


その一方、昨シーズンの主力メンバーだったマウロ・イカルディやイヴァン・ペリシッチ、ラジャ・ナインゴランといった選手をレンタル放出していてます。
これについてはアントニオ・コンテ監督の好みも影響していると思いますが、イカルディに関しては嫁のワンダ・ナラという方がなかなかの問題児でしてチームの不満分子となっていました


その他にも10代~20代前半の若手選手を完全移籍やレンタルで放出していて、補強費を調達していたようです。

最終的にインテルは選手の放出で5660万ユーロの資金を調達し、補強には1億5500万ユーロの資金を費やしました(参照:transfermarkt.com)。よって2019年夏の移籍市場は9840万ユーロの赤字となっています。
このことからも2019-20シーズンの本気度の高さが伺えます。


2019-20シーズンのインテル予想布陣&メンバー

この記事を執筆している時点で、インテルはすでにリーグ戦を4試合消化しています。そのためここで紹介する予想布陣は1~4節のインテルの試合を参考にさせていただきます。

それがこちらです。↓

ここ4試合のインテルのフォーメーション、メンバーなどを参考にしたうえで作成したメンバー表になっています。他にもユースから昇格した選手が数名いますが戦力として考える場合、上の画像に載っている選手たちになるだろうと思われます。
ポジションごとの一番上にある黄色文字の選手は開幕からスタメンで起用されている選手です。

コンテは3バックを採用する監督でセリエA第4節までは「3-5-2」や「3-4-2-1」のフォーメーションを採用しています。
ほとんどのポジションはメンバーが定まりつつありますが、中盤の1枠がまだ決まっていない感じです。バレッラがフィットすればレギュラーに定着すると思いますが、現在はいろいろな選手を試しているようです。

また、センシやブロゾヴィッチの控え選手が1人もいませんが、この2つのポジションはスタメン争いをしている中盤の選手たちが控えとなります。ブロゾヴィッチとバレッラはダブルボランチを組むことあり、控えの第一候補はバレッラになると思われます

どのポジションにもレベルの高い選手が揃っていて、セリエAではトップクラスになるでしょう

2019-20シーズンのインテル注目ポイント

続いて2019-20シーズンのインテル注目ポイントを2つ紹介します。

インテルのここに注目!

・新指揮官アントニオ・コンテの手腕

・ユベントス1強時代を終わらすことはできるか?

以下からインテルの注目ポイントについて詳しく解説していきます。

新指揮官アントニオ・コンテの手腕

インテルは2019-20シーズンからアントニオ・コンテを新指揮官として迎え入れました。
コンテは現役時代ユベントスに10年以上在籍していたユベントスOBで、2011-12シーズンにはユベントスの監督に就任そのユベントスでは3連覇を達成し、2013-14シーズンは勝ち点102を記録しています。

今や世界的名将となったアントニオ・コンテですが、オフ・ザ・ピッチでの徹底ぶりも有名な監督です。


今夏加入したルカクもコンテ監督の指導で減量に成功したのだとか。
規律が厳しく、チームの輪を乱すような選手がいればその選手を迷わず戦力外にしますチェルシー時代はジエゴ・コスタやダビド・ルイスといった選手が干され、その後フロントとの溝も深まり最終的には解任されたという過去があります。


チェルシー解任後、1年間の休養を得て監督業を再開することなったコンテですが、インテルではここまでフロントとも選手とも上手いことやれている感じが見て取れます。

チェルシー時代から「欲しい!」と言っていたっていたロメル・ルカクを獲得し、チームの不満分子となっていたマウロ・イカルディはパリ・サンジェルマンに放出。コンテの理想とするチームに限りなく近づいています。
シーズンを戦っていく中でコンテが目指すサッカーをしっかりと体現できるようになれば、セリエAはもちろん、チャンピオンズリーグでも上位に食い込めるチームです。

そんなポテンシャルの高いチームをどのようにまとめ、どんな采配を見せるのか。そういった部分に注目すると面白いかもしれません。


ユベントス1強時代を終わらすことはできるか?

2018-19シーズンの優勝でユベントスはセリエA、8連覇を達成しました。


現在、セリエAはユベントス1強時代と言われていますが、個人的には今夏大きく変わったインテルに期待しているところがあります
というのも、2019年夏の移籍市場では多くの資金を費やして各ポジションに充実した戦力を揃えましたし、そして何より新たにアントニオ・コンテ監督が就任したからです。先ほども紹介しましたが、ユベントスとチェルシー監督時代はどちらのチームでも就任1年目からリーグ優勝をしています。

特にセリエAについてはよく知っている監督ですのでコンテであればユベントスを下してリーグ優勝を狙えるかもしれない、そう思えてきます。
記事執筆時点ではセリエA第4節まで終わっていますが、ここまで全勝しているのはインテルだけです。しかも得失点差はプラス8とセリエAトップの成績となっています。

しかし、ユベントスとの勝ち点差2と次の試合で首位が交代する可能性があります。ユベントスに競り勝つためには勝ち点を不用意に落とせませんので、直接対決までどれほど勝ち点3を貯め続けられるか、また直接対決ではどのような戦いを見せてくれるのか。そういった部分に注目です。


詳細ページ公式ページ

まとめ

今回はインテル特集ということで夏の移籍市場、2019-20シーズンのメンバー、注目ポイントを解説しましたがいかがでしたでしょうか。
10シーズン前の2009-10シーズンはセリエA優勝、チャンピオンズリーグ優勝と素晴らしい成績を残しましたが、ここ数シーズンはチャンピオンズリーグ出場権に食い込むのがやっとといった感じです。2018-19シーズンはイカルディからハンダノビッチに主将が入れ替わりチーム内には悪い雰囲気が流れていましたが、2019年夏にインテルは大きく変わりました。監督にはアントニオ・コンテが就任し、補強にも多くの費用をかけています。また、不満分子だったイカルディがいなくなり、今シーズンは何かやってくれそうな予感がします。

2019-20シーズンのインテルの試合は『DAZN』で楽しめます。セリエAは毎節7試合を生中継していて、チャンピオンズリーグは全試合を生中継。2019-20シーズンのインテルに興味がある方はDAZNでチェックしてみてはいかがでしょうか。