ゲーム

【FIFA20】大型補強を敢行!成績も上向く-レアル・サラゴサ監督キャリア#5

今回は「レアル・サラゴサ監督キャリア#4」の続きです。

【FIFA20】絶不調?いや、ただの下手クソ!下手すぎて泣いた-レアル・サラゴサ監督キャリア#4今回は「レアル・サラゴサから世界的な名監督を目指す監督キャリア #3」の続きです。 https://yasu-blog.com/f...

まだ4年目の内容をご覧になっていない場合は上のリンクからチェックしてみてください。

ちなみに前回はセンターバックの主力であったモンテーロやルーカス・バスケスを放出し、フェルナンド・カレロやカルレス・アレニャ、アドリア・ペドロサなど新戦力を獲得。チームのアップデートを図りました。

しかし、リーグ戦の順位は12位、カップ戦でもベスト32で敗退するなどFIFA20の操作性に慣れず、相変わらずのショボさを発揮しました

そんな中、冬にはナポリのファビアン・ルイスをフリーで獲得。2023-24シーズンに向けて素晴らしい選手を補強しました。
今回は2023-24シーズン(5年目)の内容を紹介していきます。大型補強を敢行し、成績も上向いてきたので興味がある方はチェックしてみてください。

レアル・サラゴサ監督キャリア5シーズン目の補強&放出とメンバーの紹介

以下からは監督キャリ5シーズン目の「夏の補強&放出と夏から冬のメンバー」と「冬の補強&放出と冬から夏のメンバー」の2つに分けて紹介していきます。

まずは「夏の補強&放出と夏から冬のメンバー」から確認してきます。

2023年夏の補強&放出と夏から冬のメンバー

2023年夏の補強&放出の内容は以下の通りです。↓

FIFA 20 キャリアモード メニューの操作
FIFA 20 キャリアモード メニューの操作
FIFA 20 キャリアモード メニューの操作

この監督キャリアでは補強はスペイン人選手のみという縛りルールを設けていますそのため2023-24シーズンの補強内容もスペイン人のみです。

昨シーズン怪我などで見せ場を作れなかったイスコはライプツィヒからの良い金額のオファーが届いたので売却を決めました。
年齢も31歳と衰える時期でしたので、一番高く売れる時期に売っておこうということでの決断です。

また、昨シーズントップ下のレギュラーとして2桁得点2桁アシストをマークしたエドゥ・エスポジトはヴォルフスブルクから高額なオファーを受けました。
昨シーズン冬にナポリからフリーで獲得したファビアン・ルイスの加入に伴い、キャラクターの被るエスポジトは売却を考えていました。そのため市場価値の2倍以上のヴォルフスブルクからのオファーは迷わず合意しています。

しかし、中盤の主力選手が2人抜けた穴はかなり大きいです。
ファビアン・ルイスが加入したもののもう1人中盤で起用できる選手が欲しい。そこで目をつけたのがゲーム内でワトフォードに所属するダニ・オルモでした。

ダニ・オルモってどんな選手?生い立ちやプレースタイルを徹底解説【RBライプツィヒ】今回紹介するのはこちらのプレイヤー。 この投稿をInstagramで見る Dani Olmoさ...

ダニ・オルモについてはFIFAあるあるの「市場価値より違約金がめちゃくちゃ安い」という現象が起きていたため、かなり安く購入できました。

さらに新守護神にケパ・アリサバラガを獲得しています。僕の守備が下手クソすぎるがゆえの補強です。
「まずお前の守備を改善しろ」という話ですが、僕としては「守備ができないならキーパーに防いでもらうしかない」という考え方であります
無能監督の考え方ですね。

夏の補強&放出を受けて編成されたメンバーは以下の通りです。↓

FIFA 20 キャリアモード メニューの操作
FIFA 20 キャリアモード メニューの操作



2024年冬の補強&放出と冬から夏のメンバー

続いて2023年冬の補強&放出内容を見ていきます。↓

FIFA 20 キャリアモード メニューの操作
FIFA 20 キャリアモード メニューの操作
FIFA 20 キャリアモード メニューの操作

ペドラサからスタメンを奪えず、出場機会を与えられずにいたククレジャはワトフォードが高額のオファーが届いたので本人のためにも売却を決断しました。

また、中盤の守備的ボランチとしてマンチェスター・シティのロドリを獲得したかったがゆえにボランチのスタメンであるフェデを売却することにしました。
フェデの市場価値は忘れてしまいましたが、ホッフェンハイムに意外と高く売れたのでラッキーでした。

それから合計1億ユーロ以上の売却益をもとにマンチェスター・シティからロドリを獲得しています。
移籍金は8800万ユーロと高額でしたが、中盤でボールをつなげて守備もできる万能な守備的ボランチが獲得できたのはチームとして非常に大きいです。

さらにレアル・ソシエダのエースであるミケル・オヤルサバルをフリーで獲得。来シーズンに向けた攻撃陣のアップデートも敢行しています。

ミケル・オヤルサバルってどんな選手?生い立ちやプレースタイルを徹底解説【レアル・ソシエダ】今回紹介するのはこちらのプレイヤー。 この投稿をInstagramで見る Mikel Oyar...

2024年冬の移籍市場を受けて編成されたメンバーは以下の通りです。↓

FIFA 20 キャリアモード メニューの操作
FIFA 20 キャリアモード メニューの操作

前半戦ではファビアン・ルイスをダブルボランチの一角で起用していましたが、ロドリの加入に伴いファビアンをトップ下に配置
その他は変化ありません。


2023-24シーズン|レアル・サラゴサの結果

2023-24シーズンのレアル・サラゴサはラ・リーガ サンタンデール(スペイン1部リーグ)、コパ・デル・レイ(スペインのカップ戦)の2つのコンペティションを戦いました。
まずはラ・リーガ サンタンデールの結果から見ていきましょう。

ラ・リーガ サンタンデールの結果はこちらです。↓

FIFA 20 キャリアモード メニューの操作

2023-24シーズンのレアル・サラゴサはリーグ戦8位でフィニッシュしました。
昨シーズンが12位でしたので順調にステップアップしているとは言えますが、この監督キャリアではチャンピオンズリーグ優勝を目指しているため8位という結果には満足していません

ヨーロッパリーグ出場権の7位にも届かず、非常に残念な結果に終わりました。
これで来シーズンもリーグ戦とカップ戦の2つのコンペティションを戦うこととなりました。

続いてコパ・デル・レイの結果です。↓

FIFA 20 キャリアモード メニューの操作

こちらは準々決勝でエスパニョールに2-3で負けてしまい、ベスト8に終わりました。
リーグ戦を重要視しているあまり、カップ戦がマンネリ化しているので来季は若手を起用しつつも優勝を目指して集中して戦っていきます。

各選手の成績は下の画像から確認できます。↓

FIFA 20 キャリアモード メニューの操作
FIFA 20 キャリアモード メニューの操作
FIFA 20 キャリアモード メニューの操作
FIFA 20 キャリアモード メニューの操作

ファビアンが20アシストと加入初年度ながらも多くのチャンスに関与しました。来シーズンにも期待がかかります。

また、ハビエル・プアドに関しては毎年30得点以上を記録しています。もはやメッシ級ですね。


初期のポテンシャルは85ですが、この監督キャリアでは毎年30得点以上の素晴らしい活躍を見せてくれているため2024-25シーズンにはレーティング91に達しました
今作のキャリアモードでは選手の活躍具合によってポテンシャルが変化するようなのでプアドのような活躍を残せば初期のポテンシャルを5~10超えることも不可能ではありません


まとめ

今回はレアル・サラゴサ監督キャリア5シーズン目の内容を紹介しました。
大型補強を行ったことで昨シーズンよりはマシな結果を残すことができました。ですが、この監督キャリアで目指しているのはチャンピオンズリーグ制覇です。
来季はチャンピオンズリーグ出場権が得られる4位以内に入り、カップ戦でも優勝を目指して集中して戦っていきます。

5シーズン目ではありますが、FIFA20の操作性にもだいぶ慣れてきたので良い結果報告ができると思います。レアル・サラゴサ監督キャリア6シーズン目の内容もお楽しみに。

【FIFA20】念願のCL出場権を獲得しました。-レアル・サラゴサ監督キャリア#6今回は「レアル・サラゴサ監督キャリア#5」の続きです。 https://yasu-blog.com/fifa20-real-zar...