サッカー

ムサ・デンベレってどんな選手?生い立ちやプレースタイルを徹底解説【オリンピック・リヨン】

今回紹介するのはこちらのプレイヤー。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Moussa Dembéléさん(@mdembele_10)がシェアした投稿


リヨンに所属するムサ・デンベレです。
2018-19シーズンは公式戦52試合に出場し、23ゴール6アシストをマークリヨン加入初年度ながら中心選手の1人として多くの得点に関与していました。

今回はそんなムサ・デンベレの生い立ちやポジション、プレースタイルを解説していきます。興味がある方はチェックしてみてください。

ムサ・デンベレのプロフィール

名前:ムサ・デンベレ

生年月日:1996年7月12日

国籍:フランス&マリ

チーム:オリンピック・リヨン(背番号9)

身長:183cm

体重:74kg

利き足:右

ポジション:フォワード

1996年生まれの現在23歳です(2019年時点)。生まれはフランスですが、両親がマリにルーツを持っているということでマリ国籍も有しています。
オリンピック・リヨンでは9番をつけてプレーしています。
身長は183cmで体重74kgとやや大柄な体格といえます。


生い立ち&プロキャリア

 

この投稿をInstagramで見る

 

Moussa Dembéléさん(@mdembele_10)がシェアした投稿


ムサ・デンベレはフランスのヴァル=ドワーズ県ポントワーズという地域で生まれ育ちます。調べたところによるとマリ人の両親と姉がいるようです。

そのような家庭環境で育ったムサ・デンベレは2002年からUSセルジー・クロというクラブのユースチームで本格的にサッカーを始めます。セルジー・クロには約2年間在籍し、2004年からはフランスの名門パリ・サンジェルマンの下部組織に加入します。パリ・サンジェルマンではアンダーカテゴリーを順調に駆け上がり、今では有名選手のラビオ(現ユベントス所属)やコマン(現バイエルン所属)などと当時プレーしていました。

世代別のフランス代表にも選出され将来を嘱望されていましたが、当時(2012年頃)のパリ・サンジェルマンはカタール・スポーツ・インベストメントという投資会社が単独株主となり、多額の資金をつぎ込んで有名選手を獲得するようになりますそういったこともあってムサ・デンベレは「トップチームではチャンスがもらえない」と判断し、2012年8月(当時16歳)にイングランド・プレミアリーグのフラムFCへと活動の拠点を移します

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fulham Football Clubさん(@fulhamfc)がシェアした投稿


フラムでは2013年11月(当時17歳)のウェストハム・ユナイテッド戦でトップチームデビューを果たします。チームとしては2014-15シーズンにチャンピオンシップ降格を経験しましたが、2015-16シーズンのムサ・デンベレは公式戦46試合に出場し、17ゴール7アシストをマーク。不振の続くフラムで唯一印象的な活躍を見せていました。

そして2016年にはスコティッシュ・プレミアシップのセルティックFCへの移籍が決定

 

この投稿をInstagramで見る

 

Celtic FCさん(@celticfc)がシェアした投稿


セルティックでは加入初年度から公式戦49試合に出場し、32ゴール9アシストをマーク。多くの得点に関与して中心選手として印象的な活躍を収めました。翌シーズンは怪我があって2016-17シーズンほどの成績は残せませんでしたが、それでも2桁得点を記録し、高い得点力を発揮しました。

セルティックでの活躍を受け、2018年8月にはリーグ・アンの強豪オリンピック・リヨンへの移籍が決まります

 

この投稿をInstagramで見る

 

Moussa Dembéléさん(@mdembele_10)がシェアした投稿


リヨンでは加入初年度ながら公式戦52試合に出場、23ゴール6アシストをマーク。攻撃陣の中心選手として印象的な活躍を見せていました。


ポジション

2018-19シーズンのリヨンでは「4-2-3-1」のフォーメーションで戦う試合が多かったようです。
その中でムサ・デンベレはセンターフォワードで起用されていました。得点力の高さから攻撃的なポジションで起用されるプレイヤーです。

プレースタイル

ムサ・デンベレの強み

・ドりブル&オフザボール

・決定力

それでは以下からムサ・デンベレのストロングポイントを1つずつ解説していきます。

ドリブル&オフザボール

ムサ・デンベレは推進力のあるドリブルが持ち味のプレイヤーです。スピードがあり、スペースを与えてしまうと一瞬で持ち上がります。
また狭いスペースでは細かいタッチのドリブルで相手選手を突破できます。ボックス内では相手ディフェンダーが構える間を突破し、そこからのパスやシュートで得点に絡むシーンが見られます。
そしてフィジカルも強く、相手のタックルを受けてもそう簡単には崩れません。競り合いに強く、前線でボールを収められる選手です。

またディフェンダーの背後を狙う動き出しやクロスに合わせる動き、ポジショニングが上手く、キーパーと1対1の状況を作りワンタッチで合わせるゴールが多く見られます。

決定力

ゴール前でのフィニッシュの精度が素晴らしい選手です。キーパーとの1対1のシーンはゴール隅に落ち着いて得点を決めます。またクロスに合わせるヘディングの精度が高く、頭でも得点を奪えます。
キーパーに止められたり、枠ギリギリを狙いすぎてシュートを外すシーンも見られますが、2015-16シーズン(フラム時代)から4シーズンにわたり2桁得点をあげていることから得点力の高さが伺えます

またゴール前では確実性を求め、味方にパスを出すシーンも見られます。得点を奪うにはどういったプレーが最適か、ということを一瞬で判断できるプレイヤーです。


まとめ

今回はムサ・デンベレということで生い立ちやポジション、プレースタイルを解説してきましたがいかがでしたでしょうか。
パリ・サンジェルマンの下部組織でテクニックを磨き、出場機会を確保すべくフラムに移籍し、プロデビューを果たします。それからスコットランドの強豪セルティックを経由して母国フランスのリヨンに加入。移籍先では結果を残し、順調にステップしているようです。
マンチェスター・ユナイテッドが獲得に乗り出しているようで、いずれにせよ今後ビッククラブで活躍するプレイヤーになっていくと思われます。