クラブ解説

RBライプツィヒのメンバー&注目ポイントを徹底解説【2019-20シーズン注目クラブ~ブンデスリーガ編~】

今回は2019-20シーズン・ブンデスリーガ注目クラブのご紹介ということで、RBライプツィヒの夏の補強&放出とメンバー、注目ポイントなどを紹介していきます。

興味がある方はチェックしてみてください。

RBライプツィヒのプロフィール

クラブ名:ラーゼンバルシュポルト・ライプツィヒ

創設年:2009年

オーナー:Red Bull GmbH

所属リーグ:ブンデスリーガ1部

ホームスタジアム:レッドブル・アレナ

リーグ戦成績(2018-19):3位

知らない方も多いと思いますが、RBライプツィヒは10年前までドイツ5部リーグに所属していたクラブです。2009年に『SSVマルクランシュタット』というクラブを清涼飲料水メーカーの『レッドブル』が買収した後に発足したクラブとなっています。
レッドブルからの巨額の資金協力を武器にクラブ発足の8年後にはブンデスリーガ1部に昇格1部昇格初年度にはリーグ戦で2位になるなど、まさに破竹の勢いです。

しかし、RBライプツィヒは他クラブ(ドイツ国内)の熱狂的なサッカーファンの間で嫌われていることが有名です。というのも、ドイツの熱狂的なサッカーファンは拝金主義(金銭を最上のものとする考え方)を嫌う傾向にあるからとされています。

レッドブルの資金力で急成長を遂げたというプラスの面がありながらも、力をつけていく中で熱狂的なファンに嫌われ、様々な妨害を受ける。アンチが多いクラブとして知られています。


2019年夏の移籍市場

IN
名前ポジション年齢前所属クラブ移籍金
アデモラ・ルックマンFW(LWG)21エヴァ―トン(イングランド1部)1800万ユーロ
クリストファー・ヌクンクMF(CMF)21パリ・サンジェルマン(フランス1部)1300万ユーロ
ハネス・ヴォルフMF(AMF)20レッドブル・ザルツブルク(オーストリア1部)1200万ユーロ
ルアン・カンディドDF(LSB)18パルメイラス(ブラジル1部)800万ユーロ
パトリック・シックFW(CF)23ローマ(イタリア1部)レンタル
イーサン・アンパドゥDF(CB)18チェルシー(イングランド1部)レンタル
パトリック・チャウナーGK33ハノーファー96(ドイツ1部)35万ユーロ

OUT
名前ポジション年齢移籍先移籍金
ブルマFW(LWG)24PSV(オランダ1部)1500万ユーロ
ジャン・ケビン・オギュスタンFW(CF)22モナコ(フランス1部)レンタル
ユリアン・クラールGK19ケルン(ドイツ1部)フリートランスファー
アトゥンチ・ヌカンDF(CB)26ギョズテペ(トルコ1部)フリートランスファー
マリウス・ミュラーGK25ルツェルン(スイス1部)不明
エミール・スミス・ロウMF(LMF)18アーセナル(イングランド1部)レンタル終了


抜けた選手の穴埋めがしっかりできていますし、各ポジションに充実した戦力が揃いました。
transfermarkt.comによると2019年夏の移籍市場では3650万ユーロ(約43億円)の赤字になったそうです。2019-20シーズンは1シーズンぶりにUEFAチャンピオンズリーグに出場するということで、しっかりお金を費やしてきました。

補強に関してはGKのチャウナー以外は23歳以下と若い選手を獲得しています。というのも、RBライプツィヒのスポーツディレクターであるラングニック氏が24歳以下の選手を積極的に獲得するという補強方針を掲げているからです。

将来有望な若手選手を獲得し、評価を高めた後ビッククラブに高額な移籍金で売却するという、ビジネスが上手いクラブです。


予想布陣&メンバー

この記事を執筆している時点で、すでにブンデスリーガ1部はリーグ戦3試合を消化しています。そのためここで紹介する予想布陣は1~3節&DFBポカール1回戦を参考にさせていただきます。

それがこちらです。↓

ここ3試合のRBライプツィヒの試合のフォーメーション、メンバーなどを参考にしたうえで、作成したメンバー表です。他にもユースから昇格した選手が数名いますが、戦力として考える場合、上の画像に載っている選手たちになります。
ポジションごとに一番上に配置され、尚且つ黄色の文字になっている選手は開幕からスタメンで起用されている選手です。

ほとんどのポジションは開幕から同じ選手がスタメンで起用されていますが、中盤は未だ定まっていない感じが伺えます(ブンデスリーガ・3節終了時点)
ダブルボランチの左について、先発起用されるのはケヴィン・カンプルが多いのですが、ヌクンクも開幕戦で途中出場からゴールを決めていますし、フォルスベリも途中投入されることがあります。

ダブルボランチの右も同様にデンメが先発出場する試合が多いですが、ライマーも途中出場で多くのプレー時間を与えられています。怪我明けのアダムスもおそらく起用されると思いますので、ボランチのスタメン争いは今後も続いていきそうです


2019-20シーズンのRBライプツィヒ注目ポイント

2019-20シーズンのRBライプツィヒはここに注目!

・ナーゲルスマン監督

・ダークホースとなれるか?UEFAチャンピオンズリーグ!

以下から2019-20シーズンのRBライプツィヒ注目ポイントを解説していきます。

ナーゲルスマン監督

2019-20シーズンからRBライプツィヒの監督に就任したユリアン・ナーゲルスマン実はこの方、ブンデスリーガ史上最年少(28歳)で監督に就任したという異色の経歴を持っており、ホッフェンハイムではクラブ史上初のUEFAチャンピオンズリーグ出場を果たした注目の若手監督です。

5バック、4バック、3バックを相手チームによって使い分け、基本的な戦術を変えることは1試合の中でしょっちゅうなのだとか。その徹底ぶりから「戦術オタク」と評されているそうです。

僕自身、恥ずかしながらナーゲルスマン監督のサッカーをまだ見たことが一度もないので2019-20シーズンはしっかりチェックしていきます。

ダークホースとなれるか?UEFAチャンピオンズリーグ!

昨シーズン、ブンデスリーガ3位だったRBライプツィヒは2019-20シーズンのUEFAチャンピオンズリーグへの出場が決まっています
そんな中、グループステージではベンフィカ、オリンピック・リヨン、ゼニトと同組になり、厳しい戦いが予想されます。

しかし、記事執筆時点ではリーグ戦ここまで3戦全勝と素晴らしいスタートダッシュを切ったRBライプツィヒ。ナーゲルスマン監督が就任し、夏の移籍市場で戦力も充実させた2019-20シーズンは個人的に注目のシーズンだと感じています。
UEFAチャンピオンズリーグでもダークホースとして是非とも注目したいクラブです。


まとめ

今回は2019-20シーズンのブンデスリーガ注目クラブということでRBライプツィヒを紹介させていただきました。
2009年に創設され、スタートはドイツ5部リーグだったライプツィヒも今や欧州トップレベルの大会に出場するまでになりました。クラブ発足10シーズン目の今季(2019-20)は各ポジションに充実の戦力を揃え、監督には新たにナーゲルスマンを迎え入れた注目のシーズンです。

イブラヒマ・コナテってどんな選手?経歴やプレースタイルを徹底解説【RBライプツィヒ】今回紹介するのはこちらのプレイヤー。 この投稿をInstagramで見る RB Leipzig...
クロスターマンってどんな選手?経歴やプレースタイルを徹底解説【RBライプツィヒ】今回紹介するのはこちらのプレイヤー。 この投稿をInstagramで見る Lukas Klos...
マルセル・ザビッツァーってどんな選手?経歴やプレースタイルを徹底解説【RBライプツィヒ】今回紹介するのはこちらのプレイヤー。 この投稿をInstagramで見る Marcel Sab...