ゲーム

【FIFA19】フローニンゲンから世界的な名監督へ #3

今回は前回の#2に続き、フローニンゲン監督キャリア3年目の内容をみなさんにお届けしていきます。

【FIFA19】フローニンゲンから世界的な名監督へ #2今回は前回からスタートした「フローニンゲンから世界的な名監督へ」という監督キャリアモード企画を始めていきたいと思います。 http...

ちなみに前回は就任2年目でエールディビジ優勝を果たしたものの、UEFAチャンピオンズリーグはグループステージ敗退というに終わっています。また夏に加入した若手が成長し、それに加えギュンドアンやフェキル、バリオスをフリーで獲得しています。
2年目よりもパワーアップした状態で挑んだ3年目のシーズンはどのようになったのか、興味がある方は以下の内容をチェックしてみてください。

3年目の移籍市場&メンバー

以下からは3年目の「夏の移籍市場&メンバー」と「冬の移籍市場&メンバー」の2つに分けて紹介していきます。

夏の移籍市場&メンバー

2020年夏の移籍市場のメンバーは以下の通りです。






今シーズンはCLをガチで狙いに行くということで主力を大幅に入れ替えました昨シーズン、フリーで獲得した選手(エレーラ、ラムジー、ブラヒミ)にプレミアの強豪から高額なオファーが届いたため快く売り払いました。また、昨シーズンストライカーとしてリーグ得点王に輝いたフェンテや守護神として活躍したバイローに高額なオファーが届き、売り時だと考え売却に踏み切っています。

それから売却で得たお金と今シーズンの予算を合わせて去って行った選手に代わる選手を獲得しました。まず、フォワードにはフェンテの代わりにフランクフルトからヨビッチを獲得しています。さらに不安定なセンターバックにはクリステンセンを、手薄な右サイドバックにはアスピリクエタを、ゴールキーパーにはルニンを獲得しています。

2018年夏の移籍市場を受けて編成されたメンバーは以下の通りです。



昨シーズンの冬にフリーで獲得したギュンドアン、バリオスでダブルボランチを形成しています。フェキルは開幕戦で全治7か月?(忘れた)の大けがを負ってしまい療養中
そのためフェキルの代役としてチェルシーからレンタルでマウントを獲得し、ついでに手薄のウイングにオドイも獲得しています。

冬の移籍市場&メンバー

続いては冬の移籍市場の動きを紹介していきます。



1月は出場機会が得られずフローニンゲンから出たがっている選手を放出しています。また、バリオスの控えにベンフィカ期待の若手有望株フロレンティーノを獲得しました

それとFIFA19のバグでフリーで獲得できる選手が12月から交渉可能となり、1月に加入するという謎の現象が発生しました。要するに2020年12月20日でフリーで獲得したジエリンスキーが2021年1月に加入したのです。
それによって中盤の選手が増えすぎてしまい、レイスを放出せざるを得ない状況になってしまいました。レイス、ごめんよ。

冬の移籍市場を受けて編成されたメンバーは以下の通りです。



ジエリンスキーがギュンドアンと代わったところ以外はメンバーに代わりはありません。半シーズンが経過しているため、若手選手は結構成長しました。

20-21シーズンの結果

続いては2年目の結果を振り返っていきます。

それでは早速リーグ戦の結果から確認していきます、と言いたいところですが、リーグ戦の結果のスクリーンショットを忘れてしまいました。大変申し訳ございません。

結果から言いますとリーグ戦は今シーズンも優勝しています

証拠画像↓

2位との勝ち点差は全く覚えていませんが、圧勝だった気がします。
また、オランダのカップ戦も制覇しています

一方、UEFAチャンピオンズリーグの結果はと言いますと、

今シーズンもグループステージで敗退してしまいました。最後にバイエルンに勝てれば勝ち点さでグループステージ突破が決まったのですが引き分けてしまい、ヨーロッパリーグの決勝トーナメントを戦うことになります。
まあ、ELを戦えると考えれば昨シーズンよりはマシになったと思います(笑)

そのELでは準決勝まで戦う相手が微妙で簡単に勝ち上がれましたが、準決勝でリバプールと対戦することとなりますスコアは忘れてしまいましたが手に汗握る戦いでギリギリ勝利し、決勝のモナコ戦も勝利。見事優勝を果たしました

20-21シーズンの各選手の成績は下の画像から確認できます。見づらいとは思いますが、拡大して見てみてください。




まとめ

20-21シーズンはUEFAチャンピオンズリーグ優勝を目標に掲げ、挑んだところではありますが、結果的にグループステージ敗退と僕のレベルの低さを痛感しました。
ただ、リーグ戦とカップ戦、UEFAヨーロッパリーグで優勝を果たし3冠をとれたため、まずまずの結果は残せたんじゃないかなと思います。

やっぱりゲームって毎日やらないと感覚が鈍りますね。忙しくて週末とかしかできないのでそこでいかに結果を残すか、考えながらやっていこうと思います。


ちなみに来シーズンもフローニンゲンでの監督キャリアを進めていきます。UEFAチャンピオンズリーグを優勝するまでは他のクラブに行けないと考えていますので、とりあえずはフローニンゲンで頑張っていこうと思います。
次回の4年目もお楽しみに!

【FIFA19】フローニンゲンから世界的な名監督へ #4今回は前回の#3に続き、フローニンゲン監督キャリア4年目の内容をみなさんにお届けしていきます。 https://yasu-blog...
↓こちらの記事で取り扱っているゲームソフト↓