サッカー

ゴンサロ・ゲデスってどんな選手?生い立ちやプレースタイルを徹底解説【バレンシアCF】

今回紹介するのはバレンシアに所属するポルトガル代表のゴンサロ・ゲデスです。

所属クラブであるバレンシアには2017-18シーズンから在籍し、中心選手として印象的な活躍を見せています
ポルトガル代表においてもUEFAネーションズリーグ2018-19のオランダとの決勝戦で決勝点をあげ、今乗りに乗っているプレイヤーです。

今回はそんなゴンサロ・ゲデスの生い立ちやポジション、プレースタイルを解説していきます。興味がある方はチェックしてみてください。

ゴンサロ・ゲデスのプロフィール

名前:ゴンサロ・マヌエル・ガンシーニョ・ゲデス

生年月日:1996年11月29日

国籍:ポルトガル

チーム:バレンシアCF(背番号7)

身長:179cm

体重:70kg

利き足:右

ポジション:ミットフィルダー

ゴンサロ・ゲデスは1996年生まれの現在(2019年6月時点)22歳です。

バレンシアでのゴンサロ・ゲデスは背番号7を、ポルトガル代表では背番号17を身に着けています。

身長179cm、体重70kgと欧州の中では平均的な体型といえます。


ゴンサロ・ゲデスの生い立ち&プロキャリア

 

この投稿をInstagramで見る

 

Feliz dia da criança!

Gonçalo Guedesさん(@goncaloguedes15)がシェアした投稿 –


ゴンサロ・ゲデスはポルトガル・サンタレン県のベナベンテという地域で生まれ育ちます。
ベナベンテはイベリア半島最長の河川であるテージョ川の河口に位置し、農業、畜産業、林業、食品産業が主要な産業となっている地域です。

このような地域で生まれ育ったゴンサロ・ゲデスは、2005年(当時8歳)にポルトガルの強豪SLベンフィカのユースチームに加入します
ベンフィカユースでのゴンサロ・ゲデスはアンダーカテゴリーをU11→U13→U15→U17→U19と順調に駆け上がり、2014年にはポルトガル2部リーグに所属するベンフィカBでプロデビューを果たします。
続く2014-15シーズンのゴンサロ・ゲデスはベンフィカBでレギュラーを勝ち取り、2014年10月には国内カップ戦でトップチームデビュー
その後、ゴンサロ・ゲデスはリーグ戦でもデビューし、トップチームでは9試合に出場しています。

2015-16シーズン(19~20歳)からはトップチームに主戦場を移し、リーグ戦とカップ戦で33試合に出場
ゴンサロ・ゲデスは若くしてポルトガルの強豪、ベンフィカで33試合に出場したことから欧州ビッククラブに注目されるプレイヤーとなります。

2017年1月には移籍金3000万ユーロでパリ・サンジェルマンへの移籍が決まります


しかし、パリ・サンジェルマンにはネイマール、ムバッペ、カバーニという強力な3トップに加え、ドラクスラー、ディ・マリアという控えメンバーがいたためゴンサロ・ゲデスはなかなか出場機会を得られません。

それから約半シーズン後の2017年9月には出場機会を求めてバレンシアCFにレンタル移籍を果たします

バレンシアでのゴンサロ・ゲデスは加入初年度から中心選手として38試合に出場6ゴールをマークします。

2017-18シーズンの活躍を受け、2018年夏にはバレンシアがパリ・サンジェルマンからの完全移籍での獲得を目指します。
これに対し、パリ・サンジェルマンはゴンサロ・ゲデスの価格を6000万ユーロに設定していましたが、バレンシアは4000万ユーロでの獲得を打診。

パリ・サンジェルマンとバレンシアの移籍金には大きな開きがあったものの、ゴンサロ・ゲデス本人がバレンシアへの移籍を望んでいたことからパリが妥協して4000万ユーロでの移籍を容認しています。
ただし、ボーナスで1000万ユーロの移籍金が追加される契約内容となっているようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Obrigado pela confiança depositada em mim, é um honra continuar a vestir esta camisola! 🔝🦇

Gonçalo Guedesさん(@goncaloguedes15)がシェアした投稿 –


2018-19シーズンのゴンサロ・ゲデスは負傷離脱があったものの39試合に出場し、8ゴールをマークする活躍を見せました。

ゴンサロ・ゲデスのポジション

2018-19シーズンはマルセリーノ監督のもと、左サイドハーフで起用される試合が多かったです
また、トップの位置を任された試合もあり、ゴンサロ・ゲデスは攻撃的なポジションで起用されるプレイヤーです。




ゴンサロ・ゲデスのプレースタイル

ゴンサロ・ゲデスのプレースタイルは以下の通りです。

・ドリブルテクニック

・攻撃センス&精度

それでは以下からゲデスのストロングポイント、プレースタイルを1つずつ解説していきます。

ドリブルテクニック

ゴンサロ・ゲデスの特筆すべき点はドリブルテクニックです。
相手を置き去りにする速さを活かしたドリブルであったり、ルーレットやダブルタッチなどで相手をかわすこともできます。

また、ドリブルのタッチが非常に細かく、相手ディフェンダーも対応が難しいプレイヤーです。

攻撃センス&精度

ゴール前での攻撃の上手さもゴンサロ・ゲデスの強みの1つです。
左サイドに張った位置からカットインしてシュートを打ったり、パスを通したりするのがゴンサロ・ゲデスのプレースタイルで持ち味でもあります。

また、サイドの深い位置まで駆け上がってクロスを出したり、ペナルティーエリア外からもシュートコースがあれば積極的に打ってきます。
シュートやパスの精度も高く、ゴール前では相手に脅威を与えます


まとめ

今回はゴンサロ・ゲデス特集ということで生い立ちやプレースタイルなどいろいろまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

もともとポルトガルの強豪ベンフィカでプロキャリアをスタートさせたゴンサロ・ゲデスは、パリ・サンジェルマンでなかなか出場機会を得られず、バレンシアへ移籍。
バレンシアでのゴンサロ・ゲデスは2シーズンにわたり30試合以上に出場し、中心選手としてチームに大きく貢献しています。

プレースタイルはテクニックを活かしたドリブルやキック精度の高さを活かしたパス、シュートを得意とするプレイヤーです。

まだ若い選手ですので、バレンシアやポルトガル代表では今後数シーズンにわたり活躍が期待できる選手です。