サッカー

ジョン・ストーンズってどんな選手?生い立ちやプレースタイルを徹底解説【マンチェスター・シティ特集】

今回紹介するのはこちらのプレイヤー。

この投稿をInstagramで見る

New @mancity third kit is 🔥🔥. Join us Nike.com/Football #nikefootball #createthefuture

John Stonesさん(@johnstonesofficial)がシェアした投稿 –


マンチェスター・シティ&イングランド代表のジョン・ストーンズです。
足元が売りのセンターバックで2018-19シーズンのプレミアリーグでは94.2%のパス成功率を記録(出典:whoscored.com)。リーグで最も高いパス成功率を記録した選手となっています。

今回はそんなストーンズの生い立ちやポジション、プレースタイルを解説しています。興味がある方はチェックしてみてください。

ストーンズのプロフィール

名前:ジョン・ストーンズ

生年月日:1994年5月28日

国籍:イングランド

チーム:マンチェスター・シティ(背番号5)

身長:188cm

体重:不明

利き足:右

ポジション:ディフェンダー

1994年生まれの現在25歳です(2019年時点)。
背番号はマンチェスター・シティでもイングランド代表でも5番をつけています。
身長は188cmもあり、大柄なプレイヤーです。


生い立ち&プロキャリア


ストーンズはイングランドのサウスヨークシャー州にあるバーンズリーで生まれ育ちます。バーンズリーは以前、石炭採掘やガラス産業で栄えていた地域です。現在では元々の主要産業が衰退してしまいましたが、また新たに大手食品メーカーや小売業者などが拠点を構える地域になりました。

そのような地域で生まれ育ったストーンズは2001年から地元クラブのであるバーンズリーFCでプレーし始めますちなみに2018-19シーズンのバーンズリーFCはイングランド3部リーグで2位になったため2019-20シーズンから2部リーグに昇格することになっています。
ストーンズはバーンズリーFCのアンダーカテゴリーを順調に駆け上がり、2011年12月(当時17歳)にはプロ契約を締結します。そして2012年3月には当時イングランド2部リーグに所属していたトップチームで初出場を果たします。翌シーズン(2012-13)には出場機会が増え始め2013年1月までで公式戦26試合に出場します。

バーンズリーでの活躍を受け、2013年1月にはプレミアリーグのエバートンFCへの加入が決まります


エバートン加入初年度はユースチームを主戦場とします。U21プレミアリーグで12試合に出場し、トップチームでの出場は1度もありませんでした。
翌シーズン(2013-14)は2013年8月のFAカップ・スティヴネイジFC戦でトップチームデビューを果たします。シーズン後半からはスタメンで起用される試合が多くなり、最終的に公式戦26試合に出場。そして2015-16シーズンにはレギュラーを勝ち取り、41試合に出場します。

エバートンでの活躍を受け、2016年7月にはマンチェスター・シティへの完全移籍が決定移籍金は当時のディフェンダー史上最高額となる4750万ユーロ(5000万ユーロという見解もある)とされています。


マンチェスター・シティでは加入初年度から公式戦41試合に出場。チャンピオンズリーグやプレミアリーグでのビックマッチでも起用され、ペップ・グアルディオラ監督からの信頼を得ていました。
翌シーズン(2017-18)は怪我の影響もあって出場数が減ってしまい、放出の噂もあったようですが依然としてマンチェスター・シティでプレーを続けています。


ポジション

2018-19シーズンのペップ監督率いるマンチェスター・シティでは4-3-3のフォーメーションで戦う試合が多かったようです。
その中でもストーンズはセンターバックで起用される試合が多かったようです。稀に右サイドバックやアンカーを任される試合もあり、主戦場は守備的なポジションとなっています。

プレースタイル

ストーンズの強みは以下の通りです。

・ディフェンス能力&高さ

・パス精度

それでは以下からストーンズのストロングポイントを1つずつ解説していきます。

ディフェンス能力&高さ

ストーンズは守備における予測が優れたプレイヤーです。例えばパスコースやドリブルのコースを読んで素早い対応でボールを奪ったり、自陣のゴール前では相手のシュートに対してコースを予測しシュートブロックするシーンが見られます。
また、ボールを奪う際は激しい寄せで相手に自由を与えません。イングランド人らしいフィジカルを活かした守備が目立ちます

さらに188cmという高さがある点もストーンズの強みです。相手がロングボールやクロスを放り込んできた場合も安定した対応を見せます。
またセットプレーではターゲットとなり、高い打点のヘディングでゴールを奪います。2018-19シーズンのマンチェスター・シティではゴールがなかったものの、イングランド代表ではワールドカップでヘディングによる2ゴールをマークしています。
空中戦では攻守において大きな役割を果たしている選手です。

パス精度

冒頭でも触れたとおり、ストーンズは足元の技術が優れています縦パスサイドで幅をとっている選手へのロングボールなど、後方から攻撃を展開できます。
攻撃でのミスが少なく2018-19シーズンのプレミアリーグでは94.2%のパス成功率を記録しています(出典:whoscored.com)。この数字はリーグNo.1の成績であり、このことからもミスの少なさがお分かりいただけると思います。

またスペースが空いている場合はドリブルで持ち上がったり、相手を引き付けて味方にパスを出せます。テクニックだけでなく、攻撃面での判断も優れたプレイヤーです。


まとめ

今回はジョン・ストーンズ特集ということで生い立ちやプレースタイルなどを解説してきましたがいかがでしたでしょうか。
サッカーに本格的に取り組み始めたのはバーンズリーFCの下部組織で、17歳の頃にイングランド2部リーグデビューを果たします。その後エバートンで印象的な活躍を収め、2016-17シーズンからマンチェスター・シティでプレーしています。
ここ数シーズンはサブメンバーとして起用されているストーズンですが、まだ25歳とこれからの選手です。コンパニが退団した2019-20シーズンはレギュラー奪取に期待がかかります。